安くて速いネット回線

画像編集ならどっちが良い?Core i7とRyzen 7 CPU性能を比較

Core i7とRyzen 7 CPU性能を比較

パソコン比較
デジタルカメラやスマートフォンなどで撮影した画像を、一度に多く画像処理をしたい時に非常に重要となるのがパソコンのCPUであり、パソコンの命令系統や全体の動作を管理するパーツとなるので、快適な動作を維持するためにも高性能なCPUが搭載されたパソコンを用意する必要があります。現在CPUの2大メーカーといわれているのが「Intel」と「AMD」であり、圧倒的なシェア率といわれているIntel製のCoreシリーズですが、AMDのRyzenシリーズはIntel製よりもコア数が多くグラフィック性能が高い特徴を持っています。

マルチタスクに強いRyzen 7

マルチタスクに強いPC
この2大メーカーから登場している最新のCPUは、それぞれCore i7とRyzen 7がありますが、画像処理をする上でこの2つの性能を比較しておくと、それぞれの特徴が把握出来るので自分に適したCPUを選択することが出来ます。まずCore i7とRyzen 7は性能に大きく関わるコア数がどちらも8コアですが、スレッド数はCore i7の場合8スレッドなのに対して、Ryzen 7は2倍の16スレッドを備えている特徴があります。この機能は同時に複数のタスクを進行したり、CPUコアを効率よく使用するアプリケーションにおいてRyzen 7のスレッド数の大きさが効率をアップすることが出来ます。

AdobePhotoshopにはIntel製のCore i7に軍配

AdobePhotoshopにはIntel製のCore i7に軍配
CPUに重たい処理をさせる際に重要となるブーストクロック周波数ですが、Intel製のCore i7はRyzen 7に比べて高クロックで動作が可能です。そのためマルチコアに対していないアプリケーションで性能を発揮するメリットを持ちます。特に画像編集で利用する機会が多い「AdobePhotoshop」などのソフトも、効率よく性能を発揮出来る特徴を持っています。
性能に対して価格が抑えられているRyzen 7は、自作パソコンの知識があるという方にとってかなり魅力的なCPUですが、Photoshopといった写真編集や画像処理で欠かせないソフトを利用することを目的としている場合、クロック周波数の高いCore i7のほうが高処理で扱いやすいので、初心者に向いています。

-パソコン

Copyright© PANACEA , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.